サイドクロス4重とび(S.C.S.C.(同側))

サイドクロス4重とび(S.C.S.C.(同側))

1跳躍の間に、「サイドクロス2重とび(S.C.)」を2回行う。
同じ側でサイドスイング(S)しているので、
自分が跳びやすい、好きな方の側で。
一番のポイントは「S.O.S.O.(同側)」と同じように片方の腕。
ただし「S.O.S.O.(同側)」とは主なる腕は逆になる。
最初のサイドスイング(S)をした後、
クロス(C)にするために、クロス(C)の上側となる腕。
最初のサイドスイング(S)から、
片腕だけのクロス・オープン・クロスで技をコントロールしていく。
くい・くい・くい、って感じで。
4重とび系だが、
「S.O.」2回で、しかも同じ側、主にコントロールするのは片腕、
難しいことはほとんどしていないので、
あまり難しい技でもない。
サイドスイング(S)が同じ側ということは、
クロス(C)を跳ぶ腕の配置も、2回のクロス(C)は同じということ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です