オープン背面サイドE.B.3重とび(O.Sb.EB.)

オープン背面サイドE.B.3重とび(O.Sb.EB.)

この技を分解してみると、
つなげる技術として必要な技は、「O.Sb.」と「Sb.EB.」。
それぞれの技を2重とびで行うことができれば、
1跳躍の間に3つの技をつなげて3重とびで行ってみる。
オープン(O)から背面サイドスイング(Sb)、そして前後交差(E.B.)へと。
オープン(O)から背面サイドスイング(Sb)へは、
どちらでも好きな側へ振ることができるし、
背面サイドスイング(Sb)という技の特質上、
そこからどちら(の腕を前後で交差するか)の前後交差(E.B.)へつなげてもいい。
EB.Sb.EB」でも触れたが、
背面サイドスイング(Sb)をしている側の腕を、
その流れのままに前後交差(E.B.)の前側の腕に持ってくる方が跳びやすい。
背面サイドスイング(Sb)の後ろ側にしている腕もそのままにしておけるので。
もちろん、背面サイドスイング(Sb)をしている側の腕を後ろ側へと持っていき、
後ろ側にしている腕を前側に持ってきて前後交差(E.B.)をしてもいい。
難度が高くなる技にチャレンジするのも、
なわとびの楽しみの一つであるから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です