360クロスクロスフルターン(2サイドスイング 2)

360クロスクロスフルターン(2サイドスイング 2)

前C→S→S→前-C

さらにこの「360クロスクロスフルターン」では、
サイドスイング(S)で一気に360度体の向きを変えるのは同じだが、
360度ターンをしたあと、
最後の前リクロス(-C)の前にもう1回旋入れるサイドスイング(S)が、
「1」では向いてきた側でのサイドスイング(S)に対して、
(例:左回り360度のあとの右側サイドスイング(S))
「2」では向かった側(奥)でのサイドスイング(S)を行っている。
(例:左回り360度のあとの左側サイドスイング(S))
どちらがいいかって、これも好みです。
ちょっとした技術の違い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です