360クロスクロスフルターン

360クロスクロスフルターン

前C→S→前-C

前クロス(C)を跳んだあと、サイドスイング(S)とともに体の向きを180度変えていくのは、
普通の「180クロスクロス」の流れといっしょ。
しかしそこで体の向きを変える回転を止めずに、
サイドスイング(S)が下から上に廻ってくる動きとともに、
一気に360度回ってしまい、
最後に前リクロス(-C)跳ぶのが「360クロスクロスフルターン」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です