背面サイドクロス3重とび(O.Sb.C.)

背面サイドクロス3重とび(O.Sb.C.)

3重とびがしっかり跳べる技術はもちろん、
背面サイドオープン2重とび(O.Sb.)」と「背面サイドクロス2重とび(Sb.C.)」の、
腕の使い方をきちんと理解していること。
これらの技を組み合わせて、
「背面サイドクロス3重とび(O.Sb.C.)」にする。
最初のオープン(O)を跳んだすぐ後(縄が足を通過した直後)に、
片方の腕を背面へともっていって背面サイドスイング(Sb)。
そして背面サイドスイング(Sb)が足横を通過した直後に、
すぐさま背面側の腕を開いてオープンの状態にしてから、
回ってきた縄を交差(C)で跳ぶ。
最後に交差(C)するまでは「O.Sb.O.」の流れと同じだが、
その最後に交差(C)する動作の分、
跳躍時間に余裕が欲しいので、技の難かしさが少し上がる。
成功するまでにすごく苦労した覚えのある技。

背面サイドクロス3重とびで、
背面サイドスイング(Sb)の1回旋を含み、
それを真ん中(2番目)に持ってきた技はこれだけ。
(交差(C) から背面サイドスイング(Sb)へ直接技をつなげないので)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です