背面交差2重とび(TS.TS.)

背面交差2重とび(ダブルアンダーT.S.)
Double Under T.S. (TS.TS.)

「背面交差(T.S.)」の状態での「2重とび」。
背面交差では腕の可動範囲が狭く窮屈なので、
それでもしっかりと縄を回旋できるように、
基礎(「背面交差とび」)の練習を十分に行って、
背面交差での手首の使い方を覚えるのが近道。
後ろから見るとこんな感じ。

「背面交差2重とび(TS.TS.)」の連続。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です