背面サイドクロス2重とび(Sb.C.)

背面サイドクロス2重とび(Sb.C.)

技の流れは「背面サイドオープン2重とび(Sb.O.)」と、途中までは同じ。
背面サイドスイング(Sb)を行うとともに跳びはじめ、
背面側にまわしている腕を、
縄の回旋と共に開いたらオープンの状態になるので、
着地する前にそれを交差(C)にして跳ぶ。
1跳躍の間に、背面サイドスイング(Sb)と前交差(C)の2回旋。
2重とびのタイミングにて。

「背面サイドクロス2重とび」に関しては、
この「Sb.C.」の組み合わせでは跳べるが、
逆の、C.Sb.つまり、交差(C)から背面サイドスイング(Sb)への流れで、
2重とびにしようとすると、
交差(C)からはどうしても普通のサイドスイング(S)を間に挟まないと、
背面サイドスイング(Sb)へとつなげることができないので、
この、C.Sb.という組み合わせでの2重とびは存在しないと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です