前後背面あや3重とび(O.TS.EB.)

前後背面あや3重とび(O.TS.EB.)

この技のコツは一つ。
できるだけ高く跳ぶこと。
滞空時間があればある程、
それぞれの技を余裕を持ってつなげていくことができる。
もちろん技を分解してみれば、それぞれの技術を習得していることを前提に。
「背面あや2重とび(O.TS.)」と 「背面交差と前後交差での2重とび(TS.EB.)」。
それぞれの技(腕)の流れは、
オープン(O)から背面交差(T.S.)、そして前後交差(E.B.)へと、無理なく流れていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です