クロスクロスと前交差での3重とび(C.-C.C.)

クロスクロスと前交差での3重とび(C.-C.C.)

3重とびなので、「クロスクロス」と他の技、という組み合わせも考えられる。
間になにか技を入れた後に、最初の腕と入れ替えられているものは、
技とはみなさずに、連続した交差の入れ替えを「クロスクロス」をみなすなら、
「C.-C.」を最初か最後に持ってきて、いろいろな組み合わせを考えてみる。

交差の3重とびではあるが、
最初に「クロスクロス」を持ってきているのが、「C.-C.C.」。
「クロスクロス3重とび」にチャレンジしているならば、そこまで難しくない。
「クロスクロス2重とび」ができていれば、
交差を入れ替えた後に、そのままの腕の状態でもう1回旋。
最初の「クロスクロス」は腕の入れ替えを意識し、
最後の前交差(C)はしっかり回して跳ぶことを意識する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です