前後交差と前交差での3重とび(EB.EB.C.)

前後交差と前交差での3重とび(EB.EB.C.)

オープン(O)とそれぞれの交差(前交差(C)、前後交差(E.B.)、背面交差(T.S.))を基準に、
その3重とびでの組み合わせを考えてきたので、
それ以外の組み合わせを考えていく。
まずは前後交差(E.B.)と前交差(C)での3重とび。
前後交差(E.B.)と前交差(C)での2重とび、の時も考察したが、
前後交差(E.B.)という技の性質上、C.EB.という流れの組み合わせは存在しない。
なのですべての組み合わせを考え、C.EB.を含むものを除外すると以下になる。
C.EB.EB.EB.C.EB. 、EB.EB.C. 、C.C.EB.C.EB.C. 、EB.C.C.
最初に見るのは、「EB.EB.C.」。
前後交差(E.B.)から前交差(C)への流れは、
前の腕はそのままに、後ろの腕を前に持ってくれば、前交差(C)になる。
「前後交差と前交差での2重とび(EB.C.)」の技術があれば、
前後交差(E.B.)を2回旋した後に、その流れをつなげるだけ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です