L.S. Cross

L.S.クロス(エルエスクロス)
L.S. Cross

技の構造としては、
「交差とび」をした時に、
交差の下側になっている腕の方のグリップを、
交差の上側になっている腕の脇の下で挟み込み、
その手(交差の下側だった方)をグリップから放す。
グリップを脇に挟んだままの片腕での「交差とび」。
グリップを放した方の腕は、片腕での「交差とび」をしている間に、
「E.B.」のように後ろに持っていき、
背中側から脇に挟んだグリップを再びつかんで、
前の腕はサイドにさばくように開いて「前とび」の状態に持っていく。
「交差とび」→脇に挟んだ片腕での「交差とび」→普通の状態に戻す
この一連の流れを行うクロストリックが「L.S.クロス」。
後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です