360クロスクロス(前C→前-C→前-C)

360クロスクロス(前C→前-C→前-C)

この360クロスクロスも少し特殊。
前クロス(C)から前リクロス(-C)での180クロスクロスを2度。
どのタイミングでもあいだにサイドスイングを入れていない。
前クロス(C)を跳んだあとに、
縄が頭の上まで回ってくるあいだに素早く180度体の向きを変え、
そこから回ってくる縄を跳ぶから、再び前リクロス(-C)を跳ぶことができる。
サイドスイングも切り返しもなしで、
前クロス(C)と前リクロス(-C)を連続で2回跳ぶあいだに、体の向きを180度変更している。
なので、前クロス(C)、前リクロス(-C)、前リクロス(-C)と連続で3回跳ぶあいだに、体の向きは360変更している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です