180E.B.(後E.B.から前E.B.(後E.B.→前Sb→前E.B.)2)a

180E.B.(後E.B.から前E.B.(後E.B.→前Sb→前E.B.)2)a

後(右腕前)E.B.→(左回り)前左Sb→前(右腕前)E.B.(背面サイドスイング)

「180E.B.(後E.B.から前E.B.(後E.B.→前Sb→前E.B.)1)a」との違いは、
後E.B.から前E.B.の間に行っている背面サイドスイング(Sb)を振る側の違い。
「1」では向いてきた側(正面に近い側)での背面サイドスイング(Sb)に対して、
(例:左回りのあとの右側背面サイドスイング(Sb))
「2」では向かった側(奥)での背面サイドスイング(Sb)を行っている。
(例:左回りのあとの左側背面サイドスイング(Sb)(厳密にはSeb))
どちらがいいかって、好みです。
使う技術が少し違うだけ。
腕を残し気味にしてもいいのか、
先に180度の移動を完結させなくてはならないのか。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です