クロスダブルサイドE.B.4重とび(C.S.S.EB.)

クロスダブルサイドE.B.4重とび(C.S.S.EB.)

クロス(C)を跳んでからの「S.S.EB.」。
最後に跳ぶのが前後交差(E.B.)なので、
最初のクロス(C)から振るサイドスイング(S)は、
どちらかと言えば、
最初のクロス(C)の上側の腕の方へサイドスイング(S)をすると、
3回旋目のサイドスイング(S)側の腕を最短距離で後ろへと持っていけると思う。
これを最初のクロス(C)の下側の腕の方へサイドスイング(S)したとしても、
3回旋目のサイドスイング(S)の時にはすでに、
前後交差(E.B.)への流れへと入っているので、
それほど大差はないと思う。
だから、どちらかと言えば。
ただし体前でサイドスイング(S)から腕をさばくオープン(O)やクロス(C)ではなく、
片方の腕を後ろに回す前後交差(E.B.)は、
そのぶんほんの少し回旋力と技に至る時間が変わってくると思うので、
着地が苦しくなってしまうだろう。
そうならない跳躍力があれば問題ない。
しかし、着地が苦しくなってしまうのであれば、
そのちょっとした、わずか1秒にも満たない時間であっても、
最短距離(最短時間)で技をつないでいけるのだとしたら、
大きな助けになると思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です