側回旋と交差とび(サイドクロス)

側回旋と交差とび(サイドクロス、サイドスイングクリスクロス、サイドスイングクロス)
Side Swing Criss Cross(Matador Cross、Twirly Bird、Side & Cross)

サイドスイングを1回旋した後に交差とびを行う。
サイドに振るために持っていった腕はそのままに、
サイドスイング側の腕を交差する形に持っていってけば、
交差とびの形になるので、
それを跳ぶ。
サイドオープン」とは逆に、
サイドに振るために持っていく腕は、
サイドスイング側の腕よりも下に持っていった方が、
次の交差とびのためにサイドスイング側の腕を交差させやすい。
(左側でのサイドスイングなら、右腕を左腕よりも下に持ってくる)
連続で行う時は、
交差とびをしたあと、
交差の上の腕はそのままに、下の腕を開くようにサイドに持っていくと、
流れでサイドスイングになり、
その流れのままに今度は交差の上に来るように腕を交差させてくる。

ちなみに後ろ回旋でのサイドクロス(側回旋と後ろ交差とび)はこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です