背面あや3重とび(O.O.TS.)

背面あや3重とび(O.O.TS.)

「O.O.TS.」なので、「オープン、オープン、背面交差」と跳んでいる。
背面交差(T.S.)を1回だけ入れて、
それを最後(3番目)に持ってきた「背面あや3重とび」。
どちらかというと、
最初のオープン(O)と、次のオープン(O)から背面交差(T.S.)と、
技術を分けて考える。
最初のオープン(O)を跳んだ後、
手(腕)を少し開くようにして、最後の背面交差(T.S.)に入れるための準備を行っている。
だから2番目のオープン(O)は、背面交差(T.S.)に入る流れで跳び入れている。
なので最初のオープン(O)と次のオープン(O)は、技術的に異なる動作を行っている。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です