交差3重とび(C.C.C.)

交差3重とび
C.C.C. (Triple Under with Crosses)

腕を交差したまま(「交差とび」の状態での)3重とび。
しっかりと手首を使って縄を回旋させることのできる位置に腕を持っていくのは、
「交差2重とび」と同じポイント。
もちろん普通の「3重とび」や「交差2重とび」が楽に跳べることが前提。
これらの跳ぶリズムを体と頭で理解できていれば、
交差した状態で、1跳躍の間に、縄を3回旋する、ってことが可能になってくる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です