背面あや2重とび(TS.O.)

背面あや2重とび(TS.O.)

「前とび」を基準に、3種類の基本交差(C.、E.B.、T.S.)での2重とびを考える。
次に「TS.O.」。
最初に「T.S.」で跳躍した後、腕を開いて普通に回し、
着地してしまう前に、縄を足の下に通す。
これで「TS.O.」の完成。
「T.S.」がしっかりできているのならば、
感覚としては「O.TS.」よりも「TS.O.」のほうが跳びやすい。
「前とび」からすぐに「T.S.」に持っていく腕の使い方と、
先に「T.S.」を行っているので後は開くだけの腕、その違い。
後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です