T.E.B.

T.E.B.(ティーイービー)

「E.B.」の変則技。
腕は体を挟んで前後で交差しているが、
「E.B.」は普通に腕を前と後ろに持っていっているのに対して、
「T.E.B.」は前の腕は同じだが、
後ろに持っていく腕は、前の腕を挟みこむようにしている。
その交差に入る前の腕の形が『T』になっているので、
こういう名前になったかと。
「サイドスイング」から入る「E.B.」は、
「サイドスイング」した側の腕を、その流れのままに後ろに持っていき、
前後交差の形を作って跳ぶが、
「T.E.B.」では「サイドスイング」した後の前の腕は「E.B.」と同じ状態だが、
もう一度同じ側で「サイドスイング」することによって、
腕を腕で挟む状態に持っていき、
その流れのままに持っていった後ろの腕で作られた交差の状態で跳ぶ。
やろうと思えば、一度の「サイドスイング」でその(「T.E.B.」の)状態に持っていくことは可能。
腕を挟みこんでいるので窮屈な感じはあるが、跳べる。
後ろから見た腕の状態は、こんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です