クロスクロス(T.S.)

クロスクロス(T.S.)(背面クロスクロス、背面交差入れ替えとび)
T.S.-T.S.(T.S./T.S.)

「背面交差とび(T.S.)」での腕の入れ替え。
腕の入れ替えは、腕の手前の空間を使って行うので、
普通の「クロスクロス」であれば小さく入れ替えようが、
腕の長さ分だけ大きく伸ばして入れ替えようが、
腕の前には障害物がないので自由に使えて問題がない。
しかし、T.S.の場合、
背中にまわした腕の前には、当然自分の体があるので、
その狭い空間で効率よく入れ替えなければならない。

ちなみに「E.B.」でのクロスクロス(交差の入れ替え)は、
「前とび」、「サイドスイング」あるいは「背面でのサイドスイング」を間に挟まないと、
(間に別の技(「前とび」など)を入れると別の技になる)
交差を入れ替えることは技の構造上無理なので、存在しない…と思う。
入れ替えようとしても、腕と腕の間にある体が邪魔をしてしまうので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です