180クロスクロス(前クロスから後リクロス(前C→後-C))

180クロスクロス(前クロスから後リクロス(前C→後-C))

交差の腕を入れ替えなければ、
180クロス(前クロスから後クロス(切り返し:前C→後C))」のように、
無理のない普通の切り返しの技術を使って、
サイドスイングをあいだに入れずに(前C→後C)へと180クロスができるが、
この180クロスクロス(前C→後-C)では、
普通に切り返していたら腕の入れ替えができないので、
交差の腕を入れ替える空間を作るために、
切り返しのタイミングをギリギリまで遅らせて、
さらに腕を頭上に持ってきて、そこで行う。
前クロス(C)を跳んだあとに、
縄が頭の上まで回ってくるあいだに素早く180度体の向きを変え、
腕を頭上に持ってきて交差の腕を入れ替え、
さらに切り返すことによって後リクロス(-C)を跳ぶことができる。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です