クロスサイドE.B.3重とび(C.S.EB.)

クロスサイドE.B.3重とび(C.S.EB.)

サイドスイング(S)と前後交差(E.B.)との組み合わせを基本に、
クロス(C)を最初に持ってきたのが「C.S.EB.」。
技を分解してみると、
つなげる技術として必要な技は、「C.S.」と「S.EB.」。
それぞれの技を2重とびで行うぶんには特に難しいことはないと思うので、
1跳躍の間に3つの技をつなげて3重とびで行ってみる。
クロス(C)からサイドスイング(S)、そして前後交差(E.B.)へと。
クロス(C)からサイドスイング(S)へは、
どちらでも好きな側へ振って構わないが、
オープン(O)からとは違って、交差している腕の状態があるので、
サイドスイング(S)する側によってその交差している上の腕を開くのか、
下の腕を開くのかの違いがある。
あまり大差はないと思うので、これも(跳びやすさの)好みだと思う。
交差でどちらの腕を上にするかの好み、
サイドスイング(S)で振りやすいほうの好み、
前後交差(E.B.)で跳びやすいほうの腕の配置の好み。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です