かえしとび(側回旋と背面側回旋)

かえしとび(側回旋と背面側回旋、フェイクE.B.)
Fake E.B.(S & Sb)

「かえしとび」という技を分解すると、
「サイドスイング」と「背面サイドスイング」の連続技。
以後略称記号を使う場合にはそれぞれ、
S(サイドスイング)、Sb(背面サイドスイング)とする。
技の途中までは「サイドE.B.」を跳ぶ流れだが、
結局跳ばないでいるので「フェイクE.B.」とも言う。
「サイドスイング」で振った側の腕を後ろに持ってきて「E.B.」の形にしたら、
縄が前に回ってきた時に、前の腕をオープンに開く。
そして「背面サイドスイング」を行って縄が体の横を通過するときに、
後ろの腕をオークンに開けば、
連続して続けることも、前で止めることもできる。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です