クロスクロスと背面交差での3重とび(TS.C.-C.)

クロスクロスと背面交差での3重とび(TS.C.-C.)

「クロスクロス」と「背面交差(T.S.)」を組み合わせた3重とびを考える。
C.TS.の組み合わせはないので、
この組み合わせでは「TS.C.-C.」のみとなる。
前後交差(E.B.)との組み合わせと同じように、
「背面交差と前交差での2重とび(TS.C.)」の技術が習得できていれば、
「クロスクロス2重とび(C.-C.)」につなげていけばいい。
背面交差(T.S.)から前交差(C)、そして交差の入れ替え、
それぞれの技一つ一つを意識して、
そして素早くつないでいく。
それぞれの交差を余裕を持って通すため、
少し長めのロープがいいかもしれない。
ただし長すぎると、縄の回線速度が落ちてしまうので、
交差のつなぎに時間がかかってしまうので注意。
最後の入れ替えた交差を通すまであきらめずに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です