背面あや3重とび(TS.O.TS.)

背面あや3重とび(TS.O.TS.)

「TS.O.TS.」なので、「背面交差、オープン、背面交差」と跳んでいる。
背面交差(T.S.)を2回入れて、
それを最初と最後(3番目)に持ってきた「背面あや3重とび」。
「O.TS.O.」の逆で、今度は真ん中にオープン(O)があるので、
背面交差(T.S.)からオープン(O)、オープン(O)から背面交差(T.S.)への、
2つの異なる技術の習得と流れを、
まずは3重とびではなく、一つ一つの技の連続として行ってみる。
背面交差(T.S.)からオープン(O)、そして再び背面交差(T.S.)へと。
その流れを体がしっかりと覚えたら、
1回の跳躍の間で全てを行ってみる。
背面交差(T.S.)からオープン(O)というのは問題なく簡単にできる技の流れだが、
難しいのは、そこからさらに背面交差(T.S.)へと入れること。
真ん中のオープン(O)が、最後の背面交差(T.S.)への導入となる動きになっている。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です