クロスクロス

クロスクロス(交差入れ替えとび、あや返し)
Cross Cross、C – C、Cross Recross

「クリスクロス」は「あやとび」をするごとに、
交差する腕の上下を入れ替える。
「クロスクロス」は間に「前とび」を入れずに「交差とび」の連続だが、
「交差とび」と次の「交差とび」の間に腕(手)の上下を入れ替えている。
最初の「交差とび」を跳んだ後、縄が前に回ってきて次に跳ぶまでの間に、
素早く腕を入れ替えている。
「交差とび」で回す腕が上の頂点の時に軽く開かれ(交差が解かれて)ており、
そこから下に腕を下ろし(回し)にいく流れの勢いで、
逆腕の交差にすると、腕を入れ替えやすい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です