180E.B.(後E.B.から前E.B.(テキサス))a

180E.B.(後E.B.から前E.B.(テキサス))a

テキサス:後(右腕前)E.B.→(跳んで回してきてE.B.の状態のまま左回り)→前(右腕前)E.B.

後E.B.から前E.B.への180E.B.にも、
もうひとつの基本とも言える跳び方があって、
それがこの「180E.B.テキサススタイル」。
後E.B.から前E.B.へと切り返しながらの180E.B.では、
切り返すので体の前側で縄をさばいているが、
テキサススタイルでは体の後ろ側で縄をさばく。
後E.B.を跳んだら体の向きを変えていくのは同じだが、
体の向きを変えながら、
縄を頭の後ろ側まで回してしまって、
背面でスイングするような形でそのまま回し、
体が180度向きを変え終わるくらいに縄を上まで回せてこれたら、
前E.B.の形で跳ぶことができる。

腕をE.B.の形のままテキサスターンを行うので、
体の向きを変えるときに、
縄が背面を通るタイミングで一瞬キレよく体のターンを使うことと、
それに連動させて前側の腕と、後ろ側の手首とをうまく使う。

この形で右回りも可能。
後ろ手の手首をよりうまく使うこと。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です