180E.B.(前E.B.から前E.B.(Sbでの切り返し:即入))b

180E.B.(前E.B.から前E.B.(Sbでの切り返し:即入))b
(前E.B.→後Sb(即入)→前E.B.)

前(右腕前)E.B.→(右回りしながら)後右Sb(切り返し即入)→前(右腕前)E.B.

前E.B.から後E.B.への基本となる「180E.B.」、
その途中の背面サイドスイング(Sb)で切り返しの技術を使い、
前方回旋へ切り返して戻ってきた縄を、すぐに前E.B.で跳ぶ。

のだが、右腕前の前E.B.から右回りで背面サイドスイングを行おうとすると、
「180E.B.(前E.B.から前E.B.(Sbでの切り返し:同側))b」でも触れたが
前後交差サイドスイングとも言うべき形になり、
(以後、この形のサイドスイングを、前後交差サイドスイング(Seb)としようか)
それを切り返して前E.B.へつなげている。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です