180E.B.(切り返し:後E.B.→前E.B.)b

180E.B.(切り返し:後E.B.→前E.B.)b

後(右腕前)E.B.→(右回り)→前(右腕前)E.B.(切り返し:サイドスイング­なし)

ローテーショントリックにおいて、もうひとつの基本の技を前後交差(E.B.)で行う。
基本の技(前E.B.から後E.B.)が、途中に背面サイドスイングをいれているのに対し、
この180E.B.も、後E.B.から前E.B.への途中に背面サイドスイングをいれていない。
後E.B.を跳びながら体の向きを変えつつ(右回り)、
縄が再び後E.B.へと回旋しないように前側の腕でコントロールし、
その間に体の向きを180度変え終え、
切り返した縄の回旋方向が前方回旋になっているので、
そのまま前E.B.。

右腕前の前E.B.からだと、その腕の配置と流れで、
左回り「a」の方が自然に前E.B.へつなげやすいが、
(左回りで右腕を右から左へ入れるように前E.B.なので)
右回り「b」ではうまく縄を抑えてコントロールしていかないと前E.B.が跳びづらい。
(右回りで右腕が右側にいかないように左側に残しておくようにして前E.B.)

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です