180E.B.(前E.B.→後Sb→後E.B.)a

180E.B.(前E.B.→後Sb→後E.B.)a、ワンエイティE.B.

前(右腕前)E.B.→(左回り)後右Sb→後(右腕前)E.B.

「180E.B.」では、
体の向きを変える前と後で跳ぶ前後交差(E.B.)での腕の入れ替えはせずに考える。
(映像は全て、右腕前側・左腕後側での前後交差(E.B.)にて行う)
またその場合、体の向きを変える方向(左回りか右回りか)によって、
縄のさばきかたが変わってくるので、それぞれ「a」「b」とした。
(右腕前・左回り、もしくは左腕前・右回りを「a」、
 右腕前・右回り、もしくは左腕前・左回りを「b」)

これらをふまえ、基本の技となるローテーショントリックを前後交差(E.B.)で行ったもの。
前E.B.を跳んだあとに体の向きを180度後ろへ変えつつ(左回り)、
それと同時に回旋の流れはそのままに背面サイドスイング(Sb)をしたら、
回旋方向と体は後ろ向きになっているので、
右腕を再び前後交差の形になるように持ってきて、そのまま後E.B.へ。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です