180クロスクロス(前クロスから後リクロス(前C→S→後-C))

180クロスクロス(前クロスから後リクロス(前C→S→後-C))

基本の技となるローテーショントリックをクロスクロス(C-C)で行ったもの。
クロス(C)を跳んだあとに体の向きを180度後ろへ変えつつ、
それと同時に回旋の流れはそのままで、
腕を交差からオープンにするように開きながらのサイドスイング(S)をしたら、
回旋方向と体は後ろ向きになっているので、
その流れで最初のクロス(C)とは腕を入れ替えるように後リクロス(-C)へ。
映像では、最初は右腕が上のクロス(C)で、
左回りに180、
最後は交差の腕が入れ替わって右腕が下の後リクロス(-C)になる。
体の向きを変えながらのサイドスイング(S)がそのまま、
腕の交差を入れ替える流れにしている。
上側にある右腕を左腕の下からすくい上げるような動きでの入れ替え。
同じ腕の配置で右回りでもできるが、
基本的に以後の「180クロスクロス」は、
体の自然な流れと使い方になるように、そして好みで、の映像としている。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です