クロスダブルサイドクロス4重とび(C.S.S.C.)2

クロスダブルサイドクロス4重とび(C.S.S.C.)2

次に最初のクロス(C)と最後のクロス(C)の腕を入れ替えている「C.S.S.C.2」。
ここでも2回旋目のサイドスイング(S)から、さらに逆側にサイドスイング(S)を振って、
最後に腕を入れ替えたクロス(C)につなげやすい腕の配置にするには、
最初のクロス(C)の腕の位置から、
どちら側へとサイドスイング(S)を振り始めたらいいのか、という点を考えてみる。
「C.S.S.C.2」の場合、最後が最初と腕を入れ替えるクロス(C)なので、
自然な流れで技をつなげていくとしたら、
「C.S.S.C.1」の場合とは逆に、
最初のクロス(C)の上側の腕の方へサイドスイング(S)をするのが、
最後の交差の腕を入れ替えるクロス(C)を跳ぶための、
3回旋目のサイドスイング(S)にできると思う。
これを最初のクロス(C)の下側の腕の方へサイドスイング(S)すると、
3回旋目のサイドスイング(S)から最後のクロス(C)は、
S.-C.」の技術で跳ぶことになってしまい、
それこそ「C.S.S.-C.」という別の技になるのだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です