サイドオープンサイドクロス4重とび(S.O.S.C.(同側))

サイドオープンサイドクロス4重とび(S.O.S.C.(同側))

1跳躍の間に、
「サイドオープン2重とび(S.O.)」と「サイドクロス2重とび(S.C.)」を行う。
同じ側なので、好みのサイドスイング(S)側で。
「S.O.」と「S.C.」とでは、
サイドスイング(S)から次の技につなげる腕の使い方が違うので、
そこをきちんと意識して跳んでいく。
ポイントはサイドスイング(S)を行う側とは逆の腕の位置。
映像では左側のサイドスイング(S)なので、それで解説すると、
最初のサイドスイング(S)は次がオープン(O)なので 、
体前で交差している右腕は左腕よりも上側に位置し、
次のサイドスイング(S)はクロス(C)へとつなげるので、
体前で交差している右腕は左腕よりも下側に持ってきている。
その方が腕の動きが窮屈にならずになめらかに、
それぞれの続く技へとつなげることができる。

同じ側での「S.O.S.C.」では、
最後に動かす腕の引き渡し。
映像でみると、
右腕を交差して、開いて、再び交差して後はそこにとどめて、
左腕を交差への動きに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です