サイドオープンE.B.クロス4重とび(S.O.EB.C.)

サイドオープンE.B.クロス4重とび(S.O.EB.C.)

技を分解して必要な技術を見るとすれば、「S.O.EB.」と「O.EB.C.」。
連続して行う同じ技がない上に、
すべてが別の技で構成される4重とびなので、
一つ一つの技をつないでいくために腕をどう動かしていくかを、
しっかり体に覚えこませる。
もちろん4重とびにするための跳躍もしっかり跳んだ上で。
とくにオープン(O)から前後交差(E.B.)への流れ(技のつなぎ)を、
空中で跳んでいる間に行うのが難しい。
その感覚をしっかりと習得し、
さらに最後にクロス(C)へとつなげて4重とびにするのだから、
これまた難しい技ですよ。
オープン(O)から前後交差(E.B.)への流れとともに、
前後交差(E.B.)からクロス(C)への技術も大事なポイント。
3番目の前後交差(E.B.)で回旋の勢いを止めないために、
前側の腕でしっかりと回旋したうえで、最後のクロス(C)に。
単に後ろ側の腕を前側に持ってきてクロス(C)にするのではなく、
(前側の腕はすでにクロス(C)の半分だが、固定しているのではなく)
腕をしっかり回した上で、クロス(C)の回旋へとつなげていく技術。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です