E.B.背面サイドE.B.3重とび(EB.Sb.EB.)

E.B.背面サイドE.B.3重とび(EB.Sb.EB.)

前後交差(E.B.)から背面サイドスイング(Sb)を介して、
再び前後交差(E.B.)を行う技。
これらを1跳躍の間で行うので、3重とび系の技になる。
「EB.Sb.O.」や「EB.Sb.C.」 で見てきたように、
最初の前後交差 (E.B.)の後の背面サイドスイング(Sb)は、
前後にしている腕に関連した片側一方でしか振ることができない。
なのでこの技のポイントは最後(3番目)の前後交差(E.B.)にある。
最初の映像では、
最初と最後の前後交差(E.B.)は同じ腕の交差。
2番目の映像では、
最初と最後の前後交差(E.B.)は逆の腕に入れ替えている。
これら2つは、もう別の技って言ってしまいたいくらい難度が違う。
前後交差(E.B.)を同じ腕で行う方は簡単。
前後交差(E.B.)した前側の腕を横に開いて背面サイドスイング(Sb)をし、
その腕をまた(前後交差(E.B.)の前側の腕の位置に)戻すだけ。
前後交差(E.B.)の腕を入れ替えるほうは、
その腕を入れ替える動きの分難しい。
前後交差(E.B.)腕を入れ替える(逆側にする)には、
前後交差(E.B.)した前側の腕を横に開くまでは同じだが、
背面サイドスイング(Sb)をした腕を後ろ側に持っていきつつ、
もともと後ろ側にある腕を前側へと一気に持ってきて、
前後交差(E.B.)の形を作って跳ぶ。
「EB.S.EB.」での逆入れでは、
前後交差(E.B.)後のサイドスイング(S)で、
すでに逆位置での前側の腕の状態に持っていけているので、
最後の前後交差(E.B.)は残り半分の腕、という感じだが、
「EB.Sb.EB.」での逆入れは、
背面サイドスイング(Sb)である分、
後ろ側の腕は残しておかなければならないので、
そこから最後の前後交差(E.B.)に技をつなげていく分、
さらに難しい技となっている(と感じる)。
勢いよく、そしてすばやく技をつないでいかないと、
着地までに間に合わなくなってしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です