背面あや3重とび(TS.O.O.)

背面あや3重とび(TS.O.O.)

次は「あや3重とび」の組み合わせで、
背面交差(T.S.)とオープン(O)での「3重とび」の組み合わせを考えていく。

「TS.O.O.」なので、「背面交差、オープン、オープン」と跳んでいる。
背面交差(T.S.)を1回だけ入れて、それを最初に持ってきた、「背面あや3重とび」。
最初の背面交差(T.S.)からオープン(O)への流れが、
うまくできるようになれば、
(つまり「背面あや2重とび(TS.O.)の習得は必須」)
後はオープン(O)の回旋のときに、素早く手首を使ってもう一回旋。
そうすればこの「背面あや3重とび(TS.O.O.)」に持ってくことができる。
最初の背面交差(T.S.)をちゃんと入れることができれば、
その後のオープン(O)での2回旋を、効率よく素早く行うために、
短めのロープの方が、この技「TS.O.O.」を跳びやすいかもしれない。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です