360クロスの2重とび

360クロスの2重とび

360クロスフルターン」において、
サイドスイング(S)とともに体の向きを変えて一気に360度回り、
最後の前交差(C)までの流れを1跳躍で行って2重とびにしたトリック。
基本の「360クロス」ではなく「360クロスフルターン」での2重とびなのは、
「360クロス」では体の向きを変えて360度回る間に縄を3回廻すので、
それを1跳躍で行うと3重とびのトリックになってしまうため。

サイドスイング(S)と同時に跳躍しはじめ、体の向きを変えて360度、
再び前に戻ってきた体で縄を交差(C)で跳んで着地する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です