360クロスフルターン(前C→S→後C 1)

360クロスフルターン(前C→S→後C 1)

前C→S→後C

基本となる「360クロスフルターン」では、
後半の180度部分だけを見ると、
後Cを跳んだあとからの、切り返しでの前Cの部分でもある。
それを切り返さずに(360度の向きを変えながら)、
サイドスイング(S)が下から上に廻ってくる動きのまま後クロス(C)を跳ぶ。
これが「360クロスフルターン(前C→S→後C 1)」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です