サイドE.B.オープンT.S.4重とび(S.EB.O.TS.)

サイドE.B.オープンT.S.4重とび(S.EB.O.TS.)

技を分解して必要な技術を見るとすれば、「S.EB.O.」と「EB.O.TS.」。
「EB.O.TS.」がマニアックに技をつないでいくくらいに難しいのに、
それをサイドスイング(S)から4重とびで行おうというのだから。
4つの技すべてが別々のなので、
技をつないでいく流れをしっかりと(頭と体で)理解する。
前後交差(E.B.)からオープン(O)への流れで、
縄と体が斜めになりそうなところをうまくコントロールし、
最後の背面交差(T.S.)を綺麗に入れられるようにすれば、
成功も見えてくる。

サイドスイング(S)を最初に跳び、
オープン(O)、前後交差(E.B.)、背面交差(T.S.)と組み合わせた4重とびには、
もうひとつ「S.O.TS.EB.」という技があるが、
このレベルになってくると、
技の組み合わせとしては考えられるが、
実際に跳ぶのには成功しなかった技も出てくる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です