180(後とびから前とび(後O→前S→前O)1)

180(後とびから前とび(後O→前S→前O)1)

前から後ろへの基本の180と対となる、後ろから前への基本の180では、
途中にサイドスイングを介さないので、それ(S)を介した180。
後とび(O)を跳ぶ直前には体の向きを変え始め、
着地時にはすでに90度、
その流れで向きを変え続け、そこで前とび(O)を跳ぶ必要はないので、
回旋も流れのままにサイドスイング(S)を行い、
体の向きも完全に180度の方向変化を終えているので、
余裕を持って前とび(O)へ。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です