背面サイドT.S.2重とび(Sb.TS.)

背面サイドT.S.2重とび(Sb.TS.)

実際には背面サイドスイング(Sb)から背面交差(T.S.)につなげるわけだけど、
サイドT.S.2重とび、と言われているものがこれ。
普通のサイドスイング(S)からは背面交差(T.S.)に行けないので、
背面サイドスイング(Sb)から行うことになる。
背面サイドスイング(Sb)ならすでに片方の腕が背面にあるので、
オープンで主にサイドに振るための腕を、
回旋の流れに沿って背面に持っていき、
背面交差(T.S.)にする。
その一連の流れを2重とびのタイミングで行え(跳べ)ば、
それが「背面サイドT.S.2重とび」。
背面サイドスイング(Sb)から背面交差(T.S.)への、
技の流れをしっかり練習して。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です