背面交差3重とび(TS.TS.TS.)

背面交差3重とび
TS.TS.TS. (Triple Under T.S.)

背面交差(T.S.)の状態での3重とび。
背面交差(T.S.)という腕が窮屈な状態での3回旋なので、
普通の「交差3重とび」よりも難度の高い技。
背面交差(T.S.)を少しでも助けるために、
少し長めの縄を使うと「背面交差3重とび」が少し跳びやすくなる。
さらに「背面交差2重とび」などの予備跳躍を行っていれば、
少しは「背面交差3重とび」が跳びやすいだろう。
「背面交差2重とび」からさらに頑張って縄を回旋させて、3回旋してみる。
背面交差(T.S.)で縄を回す(手首の)感覚が理解できていれば、
跳躍とタイミングで、「背面交差3重とび」もできるようになる。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です