180の2重とび

180の2重とび(Double Under 180)

ローテーショントリックでの多重回旋。
ローテーショントリックにおいて、基本の技である「180」で、
体の向きを180度後ろへ変えるための動作であるサイドスイング(S)と、
体の向きを後ろに変えた後の後とび(O)を1跳躍で行うので、
180の2重とびとなる。

サイドスイング(S)と同時に跳躍しはじめ、体の向きを変え、
そのままの縄の流れで後とび(O)を跳んでから着地する。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です