180クロスクロス(後クロスから前リクロス(切り返し:後C→前-C))

180クロスクロス(後クロスから前リクロス(切り返し:後C→前-C))

ローテーショントリックにおいて、もうひとつの基本の技をクロスクロス(C-C)で行う。
180クロスクロス(前クロスから後リクロス(前C→S→後-C))」と対となる技。
対で行われる技なのに、
この180クロスクロスも、後クロス(C)から前リクロス(-C)への途中に、
サイドスイングをいれていない。
分類するとすれば、切り返しの部類に入る。
後クロス(C)を跳んだら、
縄が再び後クロス(C)へと回旋しないようにコントロールし、
(体の正面側で止まるようにしている)
その間に体の向きを180度変え、
それと同時に腕も入れ替える。
切り返した縄の回旋方向が前方回旋になっているので、
そのまま前リクロス(-C)に。

後ろから見るとこんな感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です