クロスダブルサイドオープン4重とび(C.S.S.O.)

クロスダブルサイドオープン4重とび(C.S.S.O.)

クロス(C)を跳んでからの「サテライト(S.S.O.)」。
クロス(C)からサイドスイング(S)へは、
「C.S.O.」などでやってきているが、
ここでのポイントは、さらに逆側にサイドスイング(S)を振って、
最後のオープン(O)につなげやすい腕の配置にする。
そのためにクロス(C)からつなげるサイドスイング(S)を、
最初にどちら側に振るのかを考えて。
というのも、クロス(C)からのサイドスイング(S)というのは、
交差している腕の、
上側の腕の方へ(上側の腕を開いて)サイドスイング(S)をするのか、
下側の腕の方へ(下側の腕を開いて)サイドスイング(S)をするのか、
そこに少し違いが生じる。
「C.S.S.O.」の場合、最後がオープン(O)なので、
自然な流れで技をつなげていくとしたら、
最初のクロス(C)の上側の腕の方へサイドスイング(S)をするのが、
最後のオープン(O)に開きやすい3回旋目のサイドスイング(S)になると思う。
しかし、これもまた好みなので、
どちらでも跳んでみるのもその違いを体験できるし、
一つのチャレンジにもなる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です